結婚式のための席次表や招待状の作り方を紹介

素敵な招待状や席次表で最高の結婚式を迎えよう

ピンクのブーケと花嫁

結婚式を迎えるにあたり、準備しなければならない物があります。
それは、結婚式の前と当日の2通りに分けることができます。
ここでは、結婚式の前に準備すべき物について説明します。
代表的な物は、席次表と招待状です。
招待状は、結婚式に招く招待客に式の日時を知らせたり、参加の可否を確認するために使います。
席次表は、招待客の席を示し、新郎新婦のプロフィールなどを紹介します。
作成方法は、自作と業者に依頼する方法の2通りがあります。
業者に依頼する場合は、記載内容やデザインなどを指定するだけで済みます。
自作する場合は、台紙や印刷など全て自分達で行わなければなりません。
台紙は市販の物で、印刷は家庭用プリンターで対応可能です。
費用は業者に比べて安く済みますが、その分手間と時間がかかります。
とはいえ、最近は席次表や招待状を自作する人が増えています。
なぜなら、手作りの方がオリジナリティがあり、心が籠っていると考えるからです。
今後もこの傾向は続く予測で、手作り席次表や招待状キットがたくさん販売されています。

髪飾りをつけた花嫁

返信のはがきが揃ったら、いよいよ席次表の作成にうつります。
そしてペーパーでオリジナルなものを自分たちで用意します。
席次表は式の一か月前までには準備しておきましょう。
そして一番気を使わなければいけません。
マナーが大切になってきます。
ご家族や、会場担当者に相談しながら作成します。
まずは、会場担当者に相談して、式を行う会場の広さとテーブルについて把握します。
テーブルの配置と、配置人数が会場とマッチするかどうか考えます。
そしてその配置表をもとにして、招待客の名前と肩書を記入していきます。
そして自分の両親や同居している家族以外の招待客には、名前には様をつけ小学生のお子様にはくんやちゃんもつけておきます。
マナーとしては新郎新婦の高砂に近い席から、主賓や恩師そして勤務先の上司と次に友人でとなります。
そして高砂から親戚、家族と遠くなっていきます。
席次表の招待客の名前には誤字があってはならないので、再三の確認をしながら皆様にわかりやすい大きさの文字で印刷していきます。
席次表作成には時間や手間がかかりますが、最も気を使う心をこめた二人のおもてなしです。

白いブーケと花嫁

結婚式をこれからむかえるお二人にとって、協力して行う作業があります。
それは自分たちがお世話になった方々への結婚式のご招待です。
その招待状を心がこもったおもてなしで、一枚一枚作成してみます。
ペーパーをアイテムをいろいろと考えながら、選択しオリジナル結婚式の演出です。
招待状の色はシンプルな白や、パステルカラーのピンクを選んだりと二人の意見を合わせて作成します。
また人生で初めての招待状なので、失敗はしないように心掛けたいものです。
そのためにも招待客をリストアップして、招待状の本文を作成をします。
そして出欠のはがきも忘れずに準備します。
自分達宛のはがきには必ず切手も貼っておくようにします。
さらにスピーチや余興をお願いする場合は付箋も添えます。
次には会場までの案内図も印刷しなくてはいけません。
すべてがそろったら封筒に招待状一式をいれて、封緘します。
封緘は結婚式用の封緘シールを使うと完成です。
以上のながれを二人で協力して作成していきます。

赤いブーケと花嫁

招待状や席次表などのペーパーアイテムは、結婚式場でも注文する事が出来ますが、より個性的で、こだわりの1品を作りたいのならば、やはり専門店にオーダーするのが1番です。
封筒の会社や印刷の会社、紙の会社など様々な業者が専門的に取り扱っています。
紙選びから、印刷の方法や字体、レイアウトなど細かい部分まで自分好みの1枚を作りあげる事が出来ます。
また、名前や日付け・家紋も入れる事も可能で手書きのイラストやデータなどの入稿も可能です。
まさに世界に1つだけの、ペーパーアイテムを作る事が出来ます。
近くにお店が無い場合でも、全ての内容をインターネットで注文する事が出来ます。
出来上がったら郵送してくれますので、家に居ながらにして、こだわりの1品を作成する事が出来ます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930